MVNOスマホと電話加入権~固定電話の光通信化でミラクル価格~

スーツ

加入者の権利

説明

加入者に与えられた権利とその利用方法

電話を新設する際に、NTT東日本やNTT西日本に施設設置負担金を支払い、電話回線を契約すると、電話加入権が発生します。本来の加入権は、質権を設定できなかったが中小企業の要望に応えて、電話加入権に関する臨時特例法が制定され、いくつかの条件の下に質権を設定出来るようになりました。また担保や滞納処分の差押物件とされるようにもなりました。2002年からは、負担金の代わりに毎月基本料を数百円高めに設定する事で、負担金を払わずに、加入するライトプランが加入電話とISDNに導入され、現在ではこちらが主流になっています。また、電話インフラも一段落したとの観点から、これらを廃止するべきであるという議論もあります。

電話加入権を得る為に支払うふたんき金額

電話加入権を得る為に支払う金額は、現在72000円です。電話加入権は譲渡や売却が可能なので、近年は解約した人から電話加入権を買取、電話を新設したい人に売却する業者も存在するので、実際はもっと安くて加入することも可能です。この権利の移転は、相続や企業合併、分割等の契約者の意思表示によらない法的事実による場合は、手数料が無料になりますが、譲渡や遺贈などの加入者の意志で行う場合には、手数料を支払うと名義変更が出来ます。負担金とはそもそも、NTT地域会社が電話インフラを整備する為の資金を加入者が一部負担する目的がありましたが、現在では廃止の方向への意識が高まっている為に、議論がなされているところです。