MVNOスマホと電話加入権~固定電話の光通信化でミラクル価格~

スーツ

電話加入権の料金や売却

システム

電話加入権の権利を取得する為に、必要な料金

NTT地域会社が電話インフラを整備する為に、必要となる金の一部を負担する制度として、設けられちるのが、電話施設設置負担金で、現在では電話を新設する時に72000円を支払う事により、電話加入権を得る事が出来ます。この権利は、工事費の支払いにより電話の架設場所や移転、利用休止をする事出来ますが、更新手続きをしないと5年で権利が時効になるので、注意して下さい。また、電話インフラも一段落したとの見解から、廃止すべきの議論があり、毎月の基本料に幾らか高めの料金を支払う事で、負担金を支払わず電話加入権を得る事が出来るプランが一般的に多く利用されるようになりました。これは、利用電話とISDNに導入されたものです。

この権利についての詳細と特徴

NTTの加入電話の回を契約する電話加入権は、譲渡や売却事が出来ます。また本来ならば、電話加入権は質権を設定できませんでしたが、中小企業の要望に応えていくつかの条件のはありますが、質権を設定出来るようになり、また担保や滞納処分の差押え物件とされるようにもなりました。電話加入権の権利の移転に関しては、契約者の意志によらない法的事実による場合は、手数料は無料ですが、契約者の都合で行う場合は手数料がかかります。手数料を支払う事で名義変更は出来ます。実際より安く加入する方法として、解約した人から電話加入権を買取、新規に加入する人に売却する業者で契約する事です。どこで加入しても、電話加入権の権利に違いはありません。